「プロに学ぶ、電子書籍出版の前に考えるべきこと」ワークショップを開催します!

電子書籍出版の前に考えるべきこと
昨年実施した県内初の電子書籍制作ワークショップ、
コンテンツから学ぶ「電子書籍の制作方法」』。

今回はその続編を実施します!

制作テーマは『りんごの教科書』
電子書籍出版におけるノウハウ、集客、販売、著作権などを座学で学んだ後に、
制作に取り掛かっていただきます!

前回は『Kindle』での制作でしたが、
より高品質な電子書籍を製作するため今回はiBooksを使用!
ワークショップ内で完成した書籍は専門家チェック経て、製本、出版します。

  • 詳細を見る開催日時:2014年9月20日(土)10:30~18:00(開場:10:10)
  • 詳細を見る会場:弘前市総合学習センター 第4研修室・第5研修室
    (青森県弘前市末広4丁目10−1) ※地図を見る
  • 詳細を見る定員:15名
  • 詳細を見る参加費:無料
  • 詳細を見る講師:馮 富久さん(株式会社技術評論社)、大江 哲平さん(関西法律特許事務所)、古川 勝也(CalmTech
  • 詳細を見る主催:NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター
  • 詳細を見る協力:JCIN(日本コンテンツ産業振興ネットワーク)
  • 詳細を見る
    ・終了後、懇親会(会費4,000円)を開催します(18:30~20:30)
    ・当日受付にてNPO会員へのお申込みを受付ております(年会費/3,000円)
    ・個人PCの持ち込みは可能です。
    ・当日のワークショップは、複数グループに分かれての実施を予定しています。
    ・編集ソフトはMac専用なので、こちらで1グループ最低1台のMac支給を予定しています。
    ・支給用Macには、電子書籍制作に必要な素材(画像など)を事前に入れておく予定です。
    ・電子書籍データの確認用に、1グループ最低1台のiPad支給を予定しています。
    ・ワークショップ内では、各グループでひとつ以上の『りんごにまつわるコラム(小ネタ)』も執筆いただこうと考えております。
    ・想定読者は、小学生高学年程度の子どもも含まれるものとします。

    ※本セミナーは青森県の平成26年度広域連携IT技術力等向上業務により開催します。

お申込みは終了いたしました。

専門書出版社が考える、電子出版と電子書籍のこれから

2010年、iPadが登場したとき、日本では(何度目かの)電子出版元年を迎えました。
あれから4年。デバイス以外の、電子出版・電子書籍を取り巻く環境にいくつかの変化が見られ始めました。とくに、2012年の楽天Kobo、Google Playブックス、Amazon Kindleといった新規電子書店のオープンは、関係各所に大きなインパクトを与え、現在に至ります。私たち技術評論社では、その状況を踏まえて2011年8月末より本格的に電子出版事業に取り組んでまいりました。

今回のセッションではこの3年間の業界動向、それとともに専門書出版社としてどのように電子出版ビジネスに取り組み、電子書籍を刊行してきたのか、事例を交えながら紹介します。

馮 富久 (ふぉん・とみひさ)

株式会社技術評論社

馮 富久1975年生まれ。横浜市出身。1999年、株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され、2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ、同誌編集長に就任。その後、2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在は電子出版推進室室長として、雑誌の編集やオンラインメディアのディレクション、イベント企画、電子出版への取り組みなどを精力的に行う。IPAオープンソースデータベースワーキン ググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。
現在、外部のコミュニティにて、電子書籍を考える出版社の会代表幹事、WebSig24/7モデレーター、TechLIONプロデューサーを務めている。

電子書籍と著作権~基礎から実務上の注意点まで~

電子書籍を作成・出版する上で,著作権の問題は避けて通れません。このセッションでは、電子書籍専門出版社のアドバイザーを務め、自身も電子書籍出版の経験がある弁護士・弁理士が、著作権法の基本のキから、実務上知っておくべき最先端のトピックまでを、事例を交えながら解説します。

大江 哲平

弁護士法人 関西法律特許事務所
大江哲平1978年生まれ。大阪府出身。大阪大学法学部・同大学院高等司法研究科修了。2002年に特許翻訳者として知的財産実務の世界に入り,2004年に弁理士登録。以後,大手メーカー知財部勤務を経て,2011年弁護士登録。特許や著作権をはじめとする知的財産法に関する事件を中心に手掛ける。
ウズウズ出版リーガル・アドバイザー。

 

古川勝也 @calmtech

カームテック 代表
NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター理事
古川勝也氏青森県弘前市を拠点に、フリーランスのプログラマーとして様々な業種と関わりながらシステム開発を行う。基幹業務システム開発の経験を経て独立後、テクニカルディレクション、システム開発を中心に活動。情報設計、マーケティング、フロントエンド開発、バックエンド開発と職種を問わず、全プロセスをこなして問題解決に取り組む。
食に関する家族ユニット、料理研究一家「古川家」を立ち上げ、プログラマーのスキルを活かし電子書籍などのコンテンツ発信も行う。

タイムテーブル

2014年8月12日 時点で最新のものです。変更の可能性があります。
※タイムテーブルはあくまでも目安であり、当日の流れによって、調整しながら進行します。

時刻 進行 講演者
10:30 開場
10:35~11:35 電子書籍と著作権
~基礎から実務上の注意点まで~
大江 哲平さん
(弁護士法人
関西法律特許事務所)
休憩5分
11:40~12:40 専門書出版社が考える、電子出版と電子書籍のこれから 馮 富久さん
(株式会社 技術評論社)
昼休憩50分
13:30~17:30 ワークショップ 古川 勝也、馮 富久さん
17:30~18:00 まとめ、質疑応答 馮 富久さん、大江 哲平さん、
古川 勝也

キャンセルについて

お申込みされた受講をキャンセルされる場合は、お名前、連絡先(お電話番号)を記入の上、
info@aoit.jpまでご連絡いただきますようお願いいたします。

お申込みは終了いたしました。