6月12日(火)開催!「2020年の必修化はもう間近!大人こそ身につけておきたい『IoT・プログラミング』勉強会」

ずっと先の事だと思っていたプログラミング教育必修化の「2020年」が、いつの間にかすぐそこまで来てしまいました!
どのような内容で進められるものか、具体的な部分はまだ明らかになっていませんが、 基礎的な部分の心構えや準備はしておくとよいでしょう。

今回は、IchigoJam開発者でプログラミング歴31年の福野泰介さんをお呼びし、教職員や保護者の方々をおもな対象としたワークショップを開催します!
福井県鯖江市の全小中学校のクラブ活動として導入されている「IchigoJam BASIC」による「プログラミングはじめのいっぽ」から、
月額65円のIoTデバイスsakura.ioモジュール搭載「IchigoSoda」を使った、作って分かるIoTまでを“まるっと手を動かして”体験します。

  • タイトル:2020年の必修化はもう間近!大人こそ身につけておきたい『IoT・プログラミング』勉強会
  • 開催日時:2018年6月12日(火)10:00~11:30
  • 会場Gravity CO-WORK(グラビティコワーク)※地図を開く
    (青森県青森市古川1丁目8−2 倉内ビル3階。エレベーターはなく、階段のみです。)
  • 対象:教育関係者と保護者(一般参加も可)
  • 参加費無料
  • 定員限定20名
  • 講師:福野泰介氏(株式会社jig.jp 代表取締役社長/IchigoJam 開発者)
  • 主催:NPO法人あおもりIT活用サポートセンター
  • 共催株式会社アイティコワーク
  • チラシ
  • 備考
    ・開場は9:40からを予定しています。
    ・セッション内容やタイムテーブルは、急遽変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。
参加申し込みはこちらから
受付は終了しました。

1. コンピューターとは(秒間処理回数)
2. LED制御(LED1, LED0, WAIT60, 別途LEDを差し込みOUT1)
3. 繰り返し(GOTO)
4. 接触センサーづくり(ジャンパー線と、IN(1))
5. IoTのTをつくる(ボタン押しながら電源ON!)
6. 集中力測定プログラム(かわくだりゲーム)
7. sakura.ioを使ってIoT化(Tからネットへ、sakura.ioで送信)
8. ロボ、しゃべるIoTデモ

福野泰介(ふくの・たいすけ)

株式会社jig.jp 代表取締役社長/IchigoJam 開発者

内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室 オープンデータ伝道師。
1978年石川県生まれ。国立福井工業高等専門学校電子情報工学科を卒業。
2つの会社の創業を経て、2003年、株式会社jig.jpを設立。
「より豊かな社会」を探るため、本店所在地の福井県鯖江市にて、自治体オープンデータの先駆け「データシティ鯖江」とそれを活用する団体「Code for Sabae」を展開。
プログラミング歴31年。

参加申し込みはこちらから
受付は終了しました。

キャンセルについて

お申込みされた受講をキャンセルされる場合は、 お名前、連絡先(お電話番号)を記入の上、info@aoit.jpまでご連絡いただきますようお願いいたします。