11/19(火)開催!『コンテンツから学ぶ電子書籍の制作方法』(終了いたしました)

コンテンツから学ぶ電子書籍の制作方法2013.11.19(水)10:00開演参加費 一般/5,000円 会員/3,000円会場アウガ5階AV多機能ホール

iPadなどのタブレットが発売されてからというもの、「電子書籍」に関する注目度が高まりました。さらにKindleの発売後は、もはや生活の一部になったともいえます。
本セミナーでは、この「電子書籍」についての基本を講義形式で学び、ワークショップでは実際に制作〜プレビューまでを行います。
Microsoft Wordを使っての制作なので、初心者でも大丈夫!

【こんな方にオススメです。】
「電子書籍」を制作してみたい方(Wordが操作できれば制作できます)
Webサイト制作、もしくはDTP制作に興味のある方
制作した「電子書籍」の出版方法について知りたい方
制作にあたり、“良いもの”を作りたい方 etc…

【参加条件】
Microsoft Office Wordの操作などが円滑に行える方
Microsoft Office Word2003以降のバージョン及び画像加工ソフト(Adobe Photoshop等)がインストールされたノートパソコンをご持参いただける方(OSはWindows、MacOSどちらでもOKです)
Wi-Fiの通信環境をご用意できる方(モバイルルーターもしくはテザリング可能なスマートフォン)
※会場でもご用意をさせていただきますが、接続台数に限りがあり、また通信制約の回避のため、ご持参にご理解とご協力をお願いいたします。
当日までにAmazon®アカウントをご準備できる方
  • 詳細を見る主催:NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター
  • 詳細を見る協力:JCIN 日本コンテンツ産業振興ネットワーク
  • 詳細を見る開催日時:2013年11月19日(火)10:00~18:00(開場:9:45) ★終了しました
    アウガの営業時間は10:00からですが、5Fは9:00から営業しています。アウガ正面入り口右手のエレベーターから5Fへお越しください。また、アウガの駐車場は有料となっております。開催時間が長いため、参加される方はお車ではなく、公共機関をご利用いただくことをおすすめします。
  • 詳細を見る会場:アウガ 5階 AV多機能ホール
  • 詳細を見る参加費:一般 5,000円、会員 3,000円
    会員への同時申込みでも、会員価格の対象となります。(年会費/3,000円)
    ※参加費・年会費は当日受付にて徴収いたします。
  • 詳細を見る講師:板羽 宣人さん(株式会社ベビログ)松永 弥生さん(ロボット・ファン.net)
    山口 正信さん(JoyTrade,Inc (ジョイトレードインク))
  • 詳細を見る終了後、懇親会(会費4,000円)を開催します
  • 詳細を見るチラシのダウンロードはこちら

※本ワークショップは青森県の平成25年度広域連携IT技術力等向上業務により開催しています。

お申込みは終了いたしました。

お申込みは終了いたしました。
キャンセルの方はinfo@aoit.jpまでメールにてご連絡ください。

セッション・出演者紹介

セッション1 「電子書籍を出版する」ということは?

そもそも「電子書籍」は「一般書籍」と何が違うのか?
電子書籍市場のこれまでと現状から、自費出版との違い、電子書籍で出版するメリット・デメリットをお話しし、実際に出版する際の、プラットフォームや、KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)についても解説いたします。
「読む」側から「読まれる」側へ視点を変えてみましょう。

板羽 宣人

株式会社ベビログ 代表取締役
板羽宣人1974年生まれ。地方公務員を8年勤めたのち2006年起業。ECサイト、地域コミュニティサイト、ブログメディアなどホームページを自社運営する一方、その運営ノウハウをもとに、企業のコンサルティングを請けおっている。また、大阪の起業家勉強会「ウズウズ」の主宰者であり、その中の電子出版プロジェクトではプロジェクトリーダーとして指揮を取っている。
●Facebook
http://www.facebook.com/norito.itaba

セッション2 電子書籍実例紹介

日本各地の電子書籍・デジタルコンテンツに関する取り組みについて
実例をご紹介いただきます。

●川合 和史(大阪)
(大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会)
●足立 靖(沖縄)
(株式会社 フライパンズ)
●古川 勝也(青森)
(NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター)

ワークショップ
「食に関する思い出」をテーマとした電子書籍制作

テーマは「食に関する思い出」。
参加者に2人1組になって、お互いの「食(地元の料理・特産物)に関する思い出」をインタービューしながら、コンテンツを作成していきます。
その後、Wordを使い、電子書籍を作成、KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)についてのプレビューまでを実践します。

松永 弥生

ロボット・ファン.net 主幹
松永 弥生1965年生まれ。大阪在住のロボット・ライター(PN:三月兎 さんがつうさぎ)。印刷会社でDTPに携わりながら、独学でDB、プログラムを学びプログラマに転職。2000年からロボットコンテスト観戦を始め、後にイベントレポートや動画で情報発信を行うようになり、編集部からの依頼でライターデビュー。関西のRT(ロボットテクノロジー)関連ニュースをメディアに発信。また、ロボットキットのレビューや、プログラミング記事も得意とする。ウズウズ出版プロジェクトのスタートアップメンバー。ライター経験を生かし、原稿添削、構成アドバイスを担当。

山口 正信

JoyTrade,Inc (ジョイトレードインク) 代表取締役
山口正信外食チェーンを退職後、2002年実店舗とWEBサイト「ペットバリカン専門店ドッグテラス」をスタート。楽天への出店を機に実店舗を閉鎖し業務内容をECに特化。2012年に参入したAmazonの流通システムの販売方法を研究し、ペット用品から紅茶、キーホルダーまで幅広い商品をAmazonで販売。現在、米国Amazon向けの米国法人立ち上げ、日本の良い商品を世界に紹介するシステムを構築。2013年Amazonの物流について書いた「世界一小さなショップの作り方」をKindleストアにて発刊。

セッション3 よりよいコンテンツを制作するには

ワークショップに引き続き、松永 弥生さん、山口 正信さんが
「テーマの見つけ方」「目次と構成の立て方」についてお話します。
よりよい電子書籍を制作するために、理解を深めていただきます。

松永 弥生

ロボット・ファン.net 主幹

山口 正信

JoyTrade,Inc (ジョイトレードインク) 代表取締役

タイムテーブル

2013年10月24日 時点で最新のものです。変更の可能性があります。
※タイムテーブルはあくまでも目安であり、当日の流れによって、調整しながら進行します。
※終了後、懇親会(会費4,000円)を開催します。

時刻 進行 講演者
9:45 開場
10:00~10:05 開演 挨拶 大浦 雅勝
(NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター)
10:05~12:00
(115分)
セッション1
「電子書籍を出版する」
ということは?
板羽 宣人さん
(株式会社ベビログ)
休憩60分
13:00~13:45
(45分)
セッション2
電子書籍実例紹介
●川合 和史(大阪)
(大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会)
●足立 靖(沖縄)
(株式会社 フライパンズ)
●古川 勝也(青森)
(NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター)
休憩15分
14:00~16:30
(150分)
「食に関する思い出」をテーマとした電子書籍制作ワークショップ 松永 弥生さん
(ロボット・ファン.net)
山口 正信さん
(JoyTrade,Inc (ジョイトレードインク))
16:30~17:30
(60分)
セッション3
よりよいコンテンツを
制作するには
松永 弥生さん
(ロボット・ファン.net)
山口 正信さん
(JoyTrade,Inc (ジョイトレードインク))
17:30~17:45 質疑応答 参加者の方からの質問を受付します。
18:00 終演
お申込みは終了いたしました。

お申込みは終了いたしました。
キャンセルの方はinfo@aoit.jpまでメールにてご連絡ください。

キャンセルについて

お申込みされた受講をキャンセルされる場合は、お名前、連絡先(お電話番号)を記入の上、info@aoit.jpまでご連絡いただきますようお願いいたします。

会場について

  • 詳細を見るアウガの営業時間は10:00からですが、5Fは9:00から営業しています。 ※地図を見る
     アウガ正面入り口右手のエレベーターから5Fへお越しください。
  • 詳細を見るアウガの駐車場は有料となっております。
     開催時間が長いため、参加される方はお車ではなく公共機関をご利用いただくことをおすすめします。
  • 詳細を見るアウガ駐車場または青森駅前公園地下駐車場をご利用の場合、
     5階のフロア受付カウンターに駐車券をご提示いただくと、1時間無料となっております。
  • 詳細を見る営業時間
    ・アウガ(1階~4階) 10:00~21:00
    ・青森市男女共同参画プラザ4(5階~6階) 9:00~22:00
     ※5階AV多機能ホールは青森市男女共同参画プラザ内となっております。

懇親会について

ワークショップ終了後、講師や事例紹介を行っていただく方5名との交流の場として懇親会を開催します。