IT業界の「新しいワークスタイル」 『シゴト×あおもり暮らし』が終了しました!

IT業界の「新しいワークスタイル」 『シゴト×あおもり暮らし』が終了しました!

11月8日(土)、青森市ワ・ラッセで、IT業界の「新しいワークスタイル」 『シゴト×あおもり暮らし』が開催されました!

テーマは、「移住」「新しい働き方」「クラウドソーシング」。
株式会社クラウドワークスの吉田さんと、株式会社リチャージの志水さんから、どのようなお話が聞けたのでしょうか。

※本セミナーは青森県の平成26年度広域連携IT技術力等向上業務により開催されました。

セッション1「21世紀の新しいワークスタイルについて」

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 兼 CEO
吉田 浩一郎さん

th_IMG_3787

国家・企業・個人の関係は変化しており、ネットの登場によってピラミッド型からフラット&オープンになってきています。
あらゆる資産が、「所有→レンタル→従量課金」へシフト。
人材で言うと、「正社員→派遣社員→クラウドソーシング」へ。
また、価格の源泉が「製造原価」ではなく、「共感」が決定要因になってきているとのこと。

th_IMG_3786th_IMG_3770

モノなどの個人資産を運用する方法「シェアリングエコノミー」の事例紹介も。
●世界中の旅行者、自分の家の一部を貸すことができるサービス「airbnb」。
世界で一千万泊の実績があり、海外出張で一般家庭に短期ステイが可能。
●自家用車をタクシーにするサービス「UBER」。
料金メーターはiPhoneアプリで。個人がスキマ時間を使って個人タクシーを運営している。
1兆円超えの時価評価額。ただしタクシー業界からの反発が大きく、香港ではUBERが禁止され、パリではタクシードライバーのストライキも発生している。

クラウドワークスは、ライフネット生命保険と提携して、
クラウドワーカー向け保険も開始されたとのこと。
ユーザーの中には、なんと85歳の方が登録・受注しているケースもあるそうです!
組織ではなく個人の時代がきており、クラウドソーシングの可能性に大変ワクワクさせていただける内容でした。

株式会社クラウドワークスは、2014年12月12月(水)より、東証マザーズに株式を上場されました。
本当におめでとうございます!

セッション2「「地域 × IT」による、新しい地域活性への挑戦」

株式会社リチャージ 代表取締役
志水 哲也さん

th_IMG_3861th_IMG_3834

冒頭は、みんなで「おいっす!」(笑)。同世代の心を鷲掴み!

志水さんは、名古屋市でWeb制作会社株式会社タービン・インタラクティブを経営される一方、沖縄県の宮古島で株式会社リチャージの代表もされています。

都心のIT企業の従業員はうつ病になるリスクが他業種に比べて高く、もっと自由でリフレッシュできる働き方や場所を提供したいという想いで、立ち上げられたそうです。
使われていない町役場庁舎にWi-Fiを整備してコワーキングスペース化し、都心のIT企業従業員に宮古島に行ってもらうことで、元気になっていただけるような仕組みも。

th_IMG_3864

志水さんの活動と思いを宮古島市長へ伝えるため、10分間のみプレゼンする機会を与えられたときのスライドが、セッションの最後に流されました。

大変感動的な構成で、涙ぐむ参加者も多数!


※志水さんのセッションのみ、一般公開。

パネルディスカッション+質疑応答

講師2名に、当法人理事長の大浦雅勝を加え、パネルディスカッションと質疑応答が行われました。
参加者からは多くの質問をいただき、パネリストのみなさんの回答がまったくバラバラでとても興味深いものを感じました。

th_IMG_3936 th_IMG_3956 th_IMG_3964

th_IMG_3987

まとめ

「仕事が無いから都心で働くしかない」「技術はあるけれど地方だと活かす場所がない」など、地方に住む若年層がみな悩むような問題に対し、大きな道筋を示していただきました。
吉田さん、志水さん、本当にありがとうございました!またのご来青をお待ちしています。

今回のイベントを受け、NPO法人あおもりIT活用サポートセンターは、青森県初の「クラウドワークス アンバサダー」に認定されました。
引き続きIT利活用による「新しいワークスタイル」の啓蒙と、県内の雇用創出や移住促進を行ってまいります。

参加者アンケート 紹介

吉田さん セッション

●クラウドソーシングについて理解を深めることができ、良かったです。価格の源泉にが”製造原価”から”共感”に変わったというお話はまだピンときませんが、これからの社会のキーワードであると思いました。
●仕事の形がどんどん変わってきている。スキルがあれば個人でも働ける。今まで友人間などであったことがサービスとなっている。このような話を聞いて自身の考えに大きく営業があった。就職に対する考え方が変わった。
●今後の新しい働き方、仕事のやり方の方向性が見えた。
●たくさんの事例があり、わかりやすかったです。
●自分自身がITに慣れていないせいか、根本的な考え方でシフトしきれていないところがあり、逆にそれを知ることができました。今後につなげたいと思います。正社員からドロップアウトしてしまうと、同等の収入の仕事に就くことは難しいと思っていたが、クラウドワークスのような働き方もあるということを初めて知った。
●クラウドソーシングの利点がわかってよかった。
●短い時間で、幅広い分野の話をさせていただき、大変参考となった。
●ピラミッド型の伝達方式の方法から、オープンな情報伝達がいいと思いました。空いた時間に仕事を出来るのが便利だと思いました。
●日本の将来だけでなく世界中でもこういった働き方がでるのは魅力的だと思いました。将来の自分の働き方の参考になりました。
●別なクラウド系で(ランサーズ)、パラレルキャリアで収入を得ていますが、クラウドワークスさんは「働き方」について、なかなか地域のことも考えて深い活動をしていると思いました。
●在宅で事務代行の仕事を始めたばかりです。今は弘前エリアの顔が見える範囲で仕事を受けていますが、クラウドワークスにも登録しています。初受注、勇気を出して挑戦しようと思います。
●社会にとって「仕事量の分配」という考え方があるのかもしれないと思いました。とても参考、勉強になりました。育メンとしても頑張っていきたいです。
●普段気にしてなかったことがよくよく考えると、クラウドソーシングだと気付かされた。これから先のワークスタイルの参考になった。「シェアリングエコノミー」という新しい発想に気づけた。
●新しい働き方が日本でも注目されつつあるんですが、才能やスキルがある人はそういう働き方に移行しやすいかもしれないなと思ってしまいました。一般ピーポーな自分にもできるのかな…。と思ってしまいました。これから頑張ります。
●楽しいお話をありがとうございました。新たな働き方を知り、大変興味深く思いました。今後の仕事について色々と模索中ですが、これから参考にしていきたいです。
「売れない時代の一つの方法としてのクラウドソーシング」という新しい世界をしることが出来ました。
●青森県の所得の低さをカバーできる可能性が大きいと感じた。
●クラウドソーシングという新しいワークスタイルの概要のみではなく、それを利用して方針を転換した企業のことについても、分かりやすい説明をしてくれていた。

 

志水さん セッション

●考え方や取り組む姿勢が大変参考になりました。ありがとうございました。
●ストーリーにとても感動しました。
●言うは易く行うは難し、実践している方はすごいと思います。ありがとうございました。明るい家庭で仕事を頑張りたいです。
●STORYをもたせることの大切さを学んだ。
●都会と離島のリソースを交換し、課題を解決するという方法は、他では余り聞かない手法であると同時に、大変良い方法でもあると思う。
●とてもお話が上手で聞き入ってしまいました。最後に動画がうまく流れなかった時も対応が素晴らしく見習いたいと思いました。
●プレゼン参考になりました。地方と都市を結ぶ心のつながりあらためて大事にすべきと思います。都市の人、考えと地方のそれをつなげる役割の重要性もそうですね。よそ者・ばか者・若者、なるほど!でした。
●出だしから心をわしづかみ!とてもひきつけられました。爆笑から始まり、感動で終わりました。幅広いプレゼン力、表現力に尊敬!の一言です。ふだん田舎暮らしをバカにしがちですし、不便と感じることも多かったのですが、地元の魅力を見つめ直したいです。本当に楽しいお話をありがとうございました。
●私も地方で仕事がしたいです。青森で。
●インターネットで、繋がりやすい時代だからこその「心」のつながりの大切さ、そのためのインターネットの使用・活用法を知ることが出来ました。
●地域✕ITはとても重要だと感じた。宮古島でこんなすばらしい仕事ができるとは思ってもいなかった。
●仕事の中で人とのつながりをここまで意識した会社は初めてだった。地方と都市のメリットを取り入れ、互いに相乗効果を生み出す。考えもしないアイディアだった。
●地域にしかないものを感じつつ、仕事ができ、より良い循環を生むという話。息抜きをしたり、良いものを吸収したり、青森でもそういったことができるのかなぁ。最後のお話がとても感動的でした。
●「よそ者」という言葉がセッションの中に出てきましたが、青森もUターン就職者には冷たいところです。結局、私自身クラウドソーシングで仕事をしていて、共感することも多かったです。
●現実の話とは思えないほど素晴らしい環境で仕事をしているので大変うらやましかった。地方と聞くと暗いイメージがあるが、志水さんのお話を聞くと明るいイメージを持つことができた。
●プレゼンのテクに引き込まれました。「心のつながり」の内容がすばらしかったです。
●エンターテイナーですね。最初のオイッス!から最後のスライドまで笑ったり泣いたりで、あまりメモとってませんでした。
●プレゼンをしている上で、かたいものにならず、笑いが多くていいと思った。自然環境の中で仕事をして、リラックスした状態でできるのがいいと思った。
●リラックスできる環境で仕事ができるのは心身ともに負担が少なくていいと思いました。社員みんなが家族という考え方は素敵だと思いました。


パネルディスカッション

●今後のマーケティングの話など、なんとなく感じていたけれど何と形容していいか分からない現象について説明していただき、納得する部分が多かった。
●これから社会に出ていく時に役立ちそうなことをたくさん聞けたのでよかったです。やはり人とのつながりは大事なものだと改めて実感しました。
●講演と関係のある話はためになる話が、関係のない話ではとてもおもしろい話を聞くことができた。
●クラウドソーシングに対する不安があったけれど、不安感が薄れた気がする。過去の自分が知っていれば、また違う仕事の仕方になっていたのかなと思うと、ワクワクしてしまいました。
●みんなの質問に答える形だったので、疑問も一緒に解決できたし、いろんな人の意見が聞けたので、おもしろかったです。
●クラウドシェアリングの可能性や、ITの誘致による地域活性は、今後事業化できそうな内容だと思いました。
●普段聞くことのできない社会の声を聞けた。どんな問題でも考えようなのかと思う。
●IT活用のアプローチをする上で、「きっかけ」を持ったことによる仕事をすることで活動を広めていることがいいと思いました。
●年齢的なもの、スキル、知識の低さで諦めていたことも多々ありましたが、自分の棚卸しをしてみて、強みや今までの経験を活かしていけるのではないかと、少し自身が持てました。クラウドソーシングの青森の利用率の底上げに貢献していきたいです。楽しかったです。
●様々なお話を具体的であったり、かみくだいて話していただいたりと、楽しかった。

 

全体感想

●担任にすすめられるままなんとなく来ただけでしたが、ためになることがたくさん聞けてよかったです。 これから先、就職や転職などの機会ができたときに、今回のセミナーの内容を思い出しつつ職業選択をしていこうと思いました。
●知らない知識、考えを知ることができて、参加してよかった。もっと広告していろいろな人に参加してほしいと思う。
●このイベントでITだけではなく、他の産業をもっとイベントとして企画してほしい。2人の説明がわかりやすく、面白いものだったので、今後のプレゼンテーションの参考にしたい。
●名刺交換のために時間があったのがよかったです。
●もったいない!もっと大きなイベントにしてやる価値があるお話が聞けました。今回の内容をどのように普及啓発していけばよいのか、行政としても取り組みしていきたいと思いました。
●やはり、何をするにしても「心」「人と人」が大事。あらためて感じました。
●今まで縁がないと思っていた業種が、とても近いものであった事を知りました。吉田さん、志水さんのお話を聞いて、ワクワクしました。青森市にそのままあてはまるとは思いませんが、青森でも、定着した仕事になれたらなとは思いました。
●働くということに対する考えが大きく変わった。あとはどうスキルを身につけるか…。それと、やっぱり人と人とのつながりって良いものだなぁと思った。
●今日の仕事のあり方を中心に、多くのためになる情報を聞くことができた。特にリチャージのテーマは、自分の思い浮かんでいる会社のイメージとまったく違うものであると同時に、いい方法だとも思った。
●初めて参加させていただきましたが、大変楽しく聞かせていただきました。ありがとうございました。
●諸事情により中座することが残念です。とても個人としてためになり、自分を見つめ直し、前向きに頑張っていくことはまちがいではないと気持ちを新たにできました。
●ITのみならず、起業した人、ものづくりに携わっている人、いろんな分野に関わる方々におすすめしたい内容でした。私は現在は一般企業、しかも緊急雇用での勤務で期限もセミナーを通してこのような形での働く方法もあるのだなと分かり、大変興味を持ちました。日々スキルアップしながら次につなげたいです。貴重な機会に参加でき良かったです。ありがとうございました。
●仕事に関して新しい視点からの意見や助言が聞けて良かったです。名刺交換タイムなどもあり、周りの人と交流できる時間ができてよかったです。
よそ者の意見は大変参考になりました。
●今回このようなセミナーには初めて参加したが、自分一人では収集できないような情報を知ることができて非常にためになった。