センターの目的

IT利活用で、豊かな未来を。

「IT」「Web」を活用することで、人々の豊かな暮らしをサポート。

インターネットが普及し、「欲しいものはネットで検索して探す」人が増え、暮らしには欠かせないものとなりました。あらゆるマーケティングデータからも、たくさんあるメディアの中でももっとも接触時間が長いものと変化してきています。私たちは、ユーザが求めることに応えられるような、地域の特性や、業種毎の強みなどをミックスした戦略を、提案していきます。

センターの目的

青森県のインターネット利用率(平成24年度総務省統計)は65.7%で全国最低となっています。県内のブロードバンド世帯カバー率99.1%に対し、ブロードバンド世帯普及率は40.4%で全国45位と低迷しています。ITはビジネスだけでなく私たちの身近な生活レベルの向上にもつながる素晴らしい技術です。
私たちはこの技術をもっと上手に活用するべきだと考えていますが、使い方を間違えるとトラブルに巻き込まれることもあります。
当NPOは青森県内におけるITリテラシーの向上を主たる目的としています。お子様からお年寄りまでみんながITを活用して幸せになれるような、環境づくり・教育を、行政・企業・学校などと連携しながら推進しています。

次のような活動を行います。

  • 社会教育の推進
  • まちづくりの推進
  • 情報化社会の発展
  • 経済活動の活性化
  • 職業能力の開発または雇用機会の拡充を支援

※概略のみ掲載しています。
主な活動実績もご覧下さい。